フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 日本皮膚科学会 東京・東部支部合同学術大会 | トップページ | 刺青タトゥ治療にピコレーザーPicoWay。その実力。 »

2016年2月23日 (火)

冨松大幹くん。テノール歌手。

もう先々週になってしまったのですが、先日こんなお誘いをいただきました。

Img_5183

このパンフのテノール歌手、富松大幹君とは彼が高校生からのおつきあいです。

その昔、彼が皮膚の痒みで当院にかかったのがきっかけでしたshine。 

 

当時、彼はバスケ部に所属するフツーの高校生だったのですが、

ある日、音楽の授業でオペラを習ったときのこと。

休み時間に彼がふざけてオペラ歌手の真似事をしていたら、、

音楽の先生に「君、歌の才能があるなあ。」と言われ、

もう一度音楽室へ。

そしてもう一度先生の前で歌ったら、「君、才能があるから音大へ行ったらどうか」

と言われたそうですflair

本人はそれまで音楽なんてやったこともありませんでした。

でも彼はそこから「本気で」音大を目指し、目一杯音楽の勉強をして、

めでたく音学科に合格shine

そして今は鹿児島県某大学音楽科の大学院生です。

 

 

この度、凱旋公演という形で地元愛知県で個人リサイタルとなったのでしたsun。 


 

僕は彼からチケットをいただいていたのですが残念なことに当日は仕事が遅くなり、リサイタルには間に合わずcrying。。。 

 

「あーあ残念、聴きたかったな」、と思っていたところ、先日お母さんが当日の様子を録音したCDとDVDをクリニックまで持ってきてくれたのでしたup。 

 

これでも僕は大学の頃はオーケストラに所属しホルンをやっていました。大学生の頃は東海エリアではそれなりにイケてるプレイヤーだったんですよ(昔話。。)

 

どっぷり音楽に浸かっていた僕ですから、リサイタルの録音とはいえちょっとやそっとのことでは驚きません。。 

なんて思いつつもらったCDを家でかけてみたら、、

 

「うーん、これは凄い。。」note

 

最初の出だしから久しぶりに鳥肌が立つほど感動しました。妻も同じオーケストラの出身で音楽にはちょいとうるさいのですが、 

 

妻も「あ、この人はとても声がいいね」と。

 

僕は管楽器のプレーヤーでしたので、声楽家の良し悪しがどこで決まるのかはよくわかっていないのですが、素晴らしい実力を感じる演奏でした。 

 

バスケしかしていなかった高校生が本格的テノール歌手としてここまで育ったとは。。。。happy01彼の努力、先生方の指導力。素晴らしいことです。

 

しかし、人生とはいつ何が起きてどうなるかわからないものですね。 

僕だって昔は今のような仕事をするとは想像もしなかったですからhappy01

 

一期一会。いつでも大切にしたいものです。

 

冨松君、今度は全国レベルでの活躍を期待しています。君ならきっと出来ると思うよ!応援しています\(^o^)/

« 日本皮膚科学会 東京・東部支部合同学術大会 | トップページ | 刺青タトゥ治療にピコレーザーPicoWay。その実力。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526587/63254035

この記事へのトラックバック一覧です: 冨松大幹くん。テノール歌手。:

« 日本皮膚科学会 東京・東部支部合同学術大会 | トップページ | 刺青タトゥ治療にピコレーザーPicoWay。その実力。 »