フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の9件の記事

2017年4月28日 (金)

水いぼは取る?取らない?痛みのない治療。

Yjimage

 
 

暖かくなってくると水いぼの治療依頼が増えてきます。


 

水いぼとは正式名称を「伝染性軟属腫」といいます。ウイルス感染による疾患です。

 
 

さて、皆さんの中では有名な水いぼですが、いつも問題になるのが水いぼを「取るか」「取らないか」、です。

 
 

水いぼは教科書上では1−2年で自然治癒すると書かれています。早いと半年くらいでしょうか。

 
 

数個のまま自然治癒すればまだラッキーなのですが、数個を放置したがために数十個あるいは数百個に増えてしまったケースを目にします。

 
 

また「伝染性」と書いてある通り、他人に感染することもあります。

 

 
(近所の専門医が「それ、うつらないからほっといてもいいよ」と患者に言ってました。おいおい、そもそも名前が「伝染性」と書いてあるやないか。。。とほほgawk。。) 


 
 

教科書上は自然治癒する、と書いてあるので医学的には全く放置でも良いかと思うのですが、患者のほとんどは幼稚園、保育園、小学校に通う子供達です。

 
 

子供達は大人と違い、互いの接触を伴う集団生活をしているために他人への感染の可能性が高くなるため全く何もしない、というわけにもいかないことが多いのです。

 
 

つまり、水いぼの処置は医学的というより社会的な理由で取らざるを得ない、ということになるかと思います。
(皆さんは自分の隣にうつる病気を持っている人がいる、と言われたらどうしますか?) 


 

水いぼの処置はピンセットで取るなど、少々痛みを伴うものが一般的ですが、当院では痛みのない(お母さんの手間がかかりますけど)治療も多く手がけています。 

当院では来院時に水いぼの治療法をいくつか提案します。その中から保護者の方に選んでいただいて治療しています。

 
 

これから夏が近づいてきます。水いぼは夏のプール開きの前に治療してしまいましょう。


 

2017年4月24日 (月)

日曜日は神戸で学会参加。

日曜日は神戸に「臨床皮膚科医会総会」に行ってきました。

 
 

皮膚科にはいろんな学会がありますが、どちらかというと開業医さん向けの学会です。どの講演も実践的で明日にもすぐ使えるようなお話ばかりでしたnote

 
 

会場は新神戸駅前のホテル。

Img_7279


 

学会内はすごい人。

Img_7275

 

企業展示の場も大混雑coldsweats01

 
 

しっかり勉強して学会を離れ、その後は市内在住の大学の同級生とご飯を食べてきました。彼は神戸市内で内科医をやっています。

Img_7284

私の祖母は神戸の裏の方に住んでいるのですが、現在90歳でほぼ老衰の状態です。 

 
 

最近めっきり調子が悪くなり某病院に入院したのですが、偶然にも彼が主治医だったのですflair

 

大好きだった祖母の最期を仲の良かった同級生に看取っていただけるなんてなんという幸せでしょう。 世の中不思議な縁もあるものだなあと思いました。

 
 

またあっという間の週末でした。皆さんからパワーをいただきましたので今日から1週間頑張ります。

 

来週からはゴールデンウィーク。今週から混雑の予想です。どうぞよろしくお願いします。



 

 

2017年4月20日 (木)

久しぶりの休日は桜を探して。

昨日水曜日は久しぶりの休日でした。

 
 

4月の上旬は色々と忙しく、桜を見る余裕もありませんでしたので遅い桜を探して奥三河を訪ねてきました。

 

今回行ったのは
設楽町にあります、道の駅「アグリステーションなぐら。

 

Img_7194_2

 
 

道の駅のすぐそばの名倉川沿いに桜並木が続いています。長さ1.3キロだそうですよ。こんなに桜並木が続くのは初めて見る光景でした。現在は満開からほんのわずか過ぎたくらいでしょうか。週末までは楽しめそうですねnotes


 

少しばかりお花見をして帰宅しましたflair

 
 

桜に力をいただいて今日も頑張ります。
どうぞよろしくhappy01

 
 

 


 
 

 
 

2017年4月15日 (土)

しいたけを食べて痒くなる?「しいたけ皮膚炎」のお話。

皮膚科では結構有名な疾患、「しいたけ皮膚炎」

僕の外来では年に数名見かけます。 

 

20170413_121547

 

体中が痒いといって来院されたご婦人の背中です。
よく見ると皮膚を引っ掻いた指の跡がくっきり残っています。

 
 
 

こういう症状を見ると患者さんに尋ねてみます。

 
 

「生のしいたけ焼いて食べなかった?」 

 

「しいたけは焼いては食べなかったけど、数日前に買ってきた酢豚の中にしいたけが入っていました」 

 

「じゃあ、それだflair


 
 

 

しいたけ皮膚炎はアレルギーの一種と考えられています。生のしいたけ、あるいは加熱が不十分なしいたけを食した数日後に出現する皮膚炎です。写真のようにくっきりと掻いた跡が残るのが特徴です。蕁麻疹とは異なります。蕁麻疹では引っ掻いたところの皮膚が膨らむのが特徴ですが、しいたけ皮膚炎では引っ掻いたところは膨らみません。

 
 

これから外が暖かくなってくるとバーベキューのシーズンですnote。しいたけを焼いて食べる機会もあるかと思いますsun。 

 
 

しいたけを焼いたものは大変美味しいのですが、このような事態になることもあるので皆様ご注意をsign01


 
 

2017年4月13日 (木)

陰嚢のかゆみ。それって「いんきん」ですか?

Monshin_doctor_serious

皆さんもよくご存知の「白癬菌」というカビがあります。

 
 

足に付いて症状が出ると、「水虫」。

頭に付くと「しらくも」。

体に付くと「たむし」

そして陰部に付くと「いんきん」

 
 

と言います。 
場所により名前を変えるとは日本人のネーミングセンスはなかなかですね。

 

ぜも原因はぜんぶ同じ「白癬菌」による症状です。

 
 
 
 

今日は特に陰部の白癬「いんきん」のお話です。ですから今日の話題は女性には関係ありません

 
 
 
 

夏になると、いや、ほぼ年中ですが、股間のかゆみを訴える男性が多く訪ねてきます。

 
 

その多くは陰嚢=「たまの部分」の痒みです。

 
 

患者さんは症状から調べて「インキン」だと思い込んで来られるようです。 
あるいは自分で調べてお薬を買いに行ったものの全く改善せず当院に来られます。 

 
 

実はsign01

 

インキン=白癬は陰嚢の部分には出現しないのです。
優秀な皮膚科医であればご存知でしょうが、陰嚢には白癬菌の症状はまず出ません。

 

実際には症状を診て診断をいたしますが、陰嚢からはまず白癬菌が検出されることがないのです。

 
 

ですから陰嚢のかゆみには白癬菌の治療ではなく、多くは湿疹の治療になります。通常ステロイド外用剤を処方いたしまして、1−2日でかゆみが取れて楽になります。ステロイド外用剤が効かない方はさらに前立腺や膀胱周辺のトラブルによるかゆみのことがあります。


 

ちなみに陰嚢のすぐ横の大腿の内側には白癬菌をよく見かけますね。

 
 
 

意外と難しい陰部のかゆみ。
陰部のかゆみでお悩みの男性諸君、ご相談お待ちしています。

 
 

このブログを読んだから大丈夫、なんて決して思わないようにsign01happy01

 

 

 

 

 
 

 
 

2017年4月10日 (月)

週末は札幌で講演。

今週末はまたも出張でした。 

 
場所はまだ雪が残る札幌snow
土曜の夜に札幌に到着しましたが、外の気温は2度sign01
コートを引っ張り出してきて正解でした。
 
 
翌日の日曜日は晴天sun
ホテルからみる大倉山ジャンプ台方面が綺麗でした。
Img_7169
 
 
 
さて、肝心のお仕事ですが、 
「ロングパルスアレキサンドライトレーザーによる脱毛とその応用」
のタイトルで講演をしてきました。
 
 
 
いつもの、ですねflair
 
 
Img_7171
 
 
 
この「脱毛」の講演シリーズは1月から月2ペースで続いていましたが、4月でやっと一区切りですhappy01


いやいや、そういえば5月も東京で脱毛の講演依頼されてましたわsweat01。 
 
 
 
現在このように、安全で安心な脱毛を行うための技術、注意点、トラブルへの対処法を伝えるために全国各地をまわっています。
 
 
 
他のクリニックに当院の技術やノウハウを伝えることで間接的に社会貢献になっていると思い休日を返上して頑張っています。
 


Img_7174
 
帰りの札幌駅前。空気が澄んでいてとてもきれいでした。スタッフのみんなにお土産をどっさり買って帰宅airplane
 
 
 
また慌ただしく週末が過ぎて行きました。
 

 
さて、今日から咲くらクリニックはスタッフが増えますnote。産休明けのスタッフが戻ってきてくれるのと新人さん。また賑やかになりそうですsmile
今週もどうぞよろしくscissors
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年4月 6日 (木)

今日から新学期。「スプレー式日焼け止め」の話題。

今日、小学校は入学式と始業式です。
そして明日は中学校の入学式。

 

ずいぶん春めいてきましたねnotes
今年は桜がちょっと遅く、入学式に満開とはならなかったのが残念sign01

 

さて、当院の外来は小学生や中学生の春休みが終わるのでしばらく午前がゆったりしそうです。

 
 
 

気温が上昇するとともに紫外線が強くなる時期がやってきます。
今年はこんなアイテムを見つけてきました。

 

ラロッシュポゼから発売されている、スプレータイプの日焼け止めです。
お化粧の上からスプレーするだけで塗り直し完了。

 

日焼け止めは2−3時間ごとに塗り直すのが理想です。一日一回だけでは効果が落ちるのでダメなんですね。しかし塗り直すのは面倒、そんな時に活躍します。

 

これからの季節に力強い味方です。お化粧する人だけでなく、スポーツするお子様にも塗り直しの手間が少なくてよろしいかと。

 

どうぞお試しくださいhappy01

 
 


 



 
 

2017年4月 4日 (火)

4月で15周年を迎えました。

玄関に置かれている立派な胡蝶蘭。


Img_70812
    

実を言うと当院はこの4月で15周年を迎えました。

 
 

丸14年間、脇目もふらずにずっと走ってきましたのであっという間でした。今まで支援していただいた方達にただ感謝の一言ですconfident

 

当院が開業したのは2003年春のことですshine。 

 
 

予防注射にきて外来でギャンギャン泣いてた子がこの春から高校生だったり、元気ハツラツなお父さんが鬼籍に入っていたり、当時若かったお母さんがシミを取りに来るようになったり。

 
 

本当に咲くらクリニックはみなさんの人生と共に歩んできました。

 
 

そう思うと感慨深いものがありますねconfident。 

 
 
 

しかしこれで私たちの歩みが止まるわけではありません。新しい機械の導入、新薬の導入、それに伴うノウハウの蓄積、治療効果の研究等々いつも前向きに進めています。


 

また設備の充実とともに「人」の充実にも務めてまいります。この4月から5月にかけて看護師3名、事務1名が新しく加わります。

 
 

これからも一層組織の強化に努め、利用していただくみなさんの健康に少しでも貢献できればと考えています。

 
 

15周年を迎えてまた新しい気持ちでスタートしますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたしますsign01


 

 
 
 

 
 
 


 
 

 

2017年4月 3日 (月)

東京でニキビ専門家の会に出席してきました。

昨日は東京プリンスホテルでニキビ治療の専門家の会に出席してきました。

 

昨年末に発売されたニキビ治療の新薬「エピデュオ」をどうやって上手に使うかを検討する会ですsun

 

 

「エピデュオ」は大変すばらしく良く効くお薬です。いままで発売されたニキビ治療薬の中ではもっとも早く強力にニキビを治療できますnote

 
 

今回は全国からニキビ治療を特に多くやってらっしゃる先生、34名が集められました。みなさんどこかで聞いたことがある有名クリニックの先生方ばかりですねhappy01。僕もその末席に入れていただきました。

 
 

どうして上手に使う必要があるか、ですが、

 

エピデュオは治療効果が大変高いのですが、一方でヒリヒリ、赤み、などが多く出現するという側面も持ち合わせています。

 
 

そのヒリヒリ、赤みをどうやってコントロールするか、あるいはこの薬の適応はどういったタイプのニキビを持った患者さんなのか、を皆で検討したわけです。

 
 

さすが専門家ばかりの会とあって大変参考になりました。

 
 

このブログで時々登場する福井の西村陽一先生も局所刺激対策についてのお話で登壇されていましたflair。先生いつも参考になりますhappy01。 ありがとうございます。


 

教えていただいた知識をさっそく今日から使ってみようかと思います。

 
 

懇親会で何名かの先生とお話してみたところ、みなさん超難治性のニキビ(大きく膿んでしまうニキビが多発する状態)にはやはり手こずるようで。

 
 

当院ではエピデュオでもうまく治療できなかった患者さんには伝家の宝刀、ロングパルスアレキサンドライトレーザーで治療していますhappy01。9割以上の有効率ですよ。


 

↓この症例はレーザー治療「2回」の結果です。超難治性のニキビにも有効です。当院には他にも多くの難治性ニキビの治療実績があります。続きは外来にて。 

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »