フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の11件の記事

2017年6月30日 (金)

赤ちゃんへの日焼け止めの是非について。

Hiyake_goods


赤ちゃんをお連れのお母さんから尋ねられることがよくあります。

 
 

「赤ちゃんにも日焼け止めを塗った方が良いですか?」

 
 

とりあえず答えはyesです。

 
 

しかし注意したいこともあります。

 
 

赤ちゃんはまだ自分で自由に移動できませんので自らお日様に当たることがありません。それだけに注意すべき点があります。

 
 

これは症例報告ですが、

 
 

1歳で足の変形が起きてしまった子供のケースです。主治医は何か遺伝性の病気でもないかと疑って調べたのですが何も出てきません。

 
 

よくよくお母さんからお話を聞いてみると、ちょっとの日焼けも良くないと考えて赤ちゃんに日焼け止めを完璧なまでに全身に塗って外出していたとのこと。結果、これが足の変形をもたらしたというのです。

 
 

どうこうことかと言いますと、私たちの骨の発育にはビタミンDが必要です。そのビタミンDは食品からの摂取のほか日光を浴びることで合成されます。
すなわちその赤ちゃんは日焼け止めを完璧なまでに塗って外出したおかげでビタミンD不足となり、骨の発育異常をきたした、というわけです。

 
 

ではどのくらいの日光を浴びたら良いかと言いますと、発表されている団体によって少しずつ異なりますが、おおむね1日15分から30分程度(冬季だと1時間程度)の日光浴が推奨されています。

 
 

もちろん食品中から摂取することも重要です。

 
 

ただし全く日焼け止めが必要ない、ということもありません。
当院で実際にあったケースですが、赤ちゃんをよく晴れた日に日焼け止めなしでベビーカーで1時間程度散歩させた結果、露出部が全部真っ赤っかのヤケドになって外来にやってきた、ということがありました。

 

すなわち夏の晴れた日の長時間の外出時には日焼け止めはあっても良いかと思います。

 
 

何事もバランスが大事、ということですね。

 
 

そろそろ蒸し暑くなってきました。とびひなど皮膚のトラブルが増えてまいります。だんだん外来も混雑してきますね。

 
 

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。


 
 

2017年6月26日 (月)

レーザー脱毛についての講師を務めてまいりました。

日曜日は東京でレーザー脱毛の講師をやって来ました。

Photo

今回の講師は僕と当院の看護師スタッフ高野、京都・いわきクリニック西田看護師さん、美容医療コンサルタント樋口さんの4人でした。

 

いつもはドクター向けなのですが、今回は看護師さんがメインの会です。北海道から沖縄まで180名もの看護師スタッフが集まりました。

 

場所は先週のアレルギー学会と同じく有楽町国際フォーラム。 

会場はパンパン。。脱毛は主に看護師さんが担当するとあって、皆さんの眼差しは真剣そのもの。

 

僕は2つのセッションでお話させて頂きましたが、セッション2では「ライブ感」を前面に押し出し、脱毛で困ったこと、疑問に思っていることに対する回答を中心に置きながら筋書きのない生トークを3人で披露しました。皆さん楽しんでもらえましたでしょうか?

 

お昼前から夕方までお仕事をして帰宅。
先週は新幹線で寝過ごす!という荒技をやってしまったのでcoldsweats01今週は気をつけましたよ。

 

今週もあっという間の週末。
そろそろちゃんと休む日作らないとな。。

 

今日からまた一週間が始まります。今週も頑張りますよsign01 


 


 

 

 
 

2017年6月22日 (木)

アナフィラキシーに遭遇。

おととい火曜日は落ち着いた外来でした。

 

のんびりした外来中、患者さんと機嫌よく話していたら、看護師が何やら耳打ち。

 

「先生、ちょっと大変な子が来てて。卵食べたら吐いたらしくて。。たくさん嘔吐もしたようです。ぐったりしてます。」

 

「なに!」 

 

外来は急遽中断です。

 
 

隣の診察室に駆けつけてみると、8ヶ月の女の子。

 
 

月曜日に少し卵の白身を食べさせてみて大丈夫だったので、今日は多めに食べさせてみた、とのこと。食べてから1時間だそうです。

 
 

全身にわたる蕁麻疹、嘔吐、意識低下、傾眠傾向。。。横になって眠りそうです。

 

 

いかん、アナフィラキシーだ!

ボスミン!
 

 
みんなが慌ただしく動きます。
ボスミンとはエピネフリン(アドレナリン)のこと。心臓の鼓動を増やし、循環量を増やし、気管支を拡張させ、生命の危機にある状態を改善します。
 

 
患児の体重から慎重に量を図ってボスミンを筋肉注射。
 
 
 
10分毎のバイタルチェック、、、
 
 
 
そしておよそ30分後、患児はニコニコして起き上がりました。。 
よかった、よかったcoldsweats01
 
 
 
普段から食品アレルギーの指導を色々とさせていただいておりますが、滅多に本気のアナフィラキシーに遭遇することはありません。
 
 
 

でも私たちはこんな子がいつ運ばれて来てもいいように準備をしているつもりです。

 
 

その上、たまたまタイミングの良いことに日曜日に参加した「アレルギー学会」でちょうどこのアナフィラキシーのセッションを聴講していたのでした。。 

 

アナフィラキシーを確実に救命できるのはアドレナリンの注射だけ。
 

 
と言う講演でした。
 
 
 
今回僕らはアナフィラキシーに対してアドレナリンの注射にすぐに踏み切ったわけですが、学会でのお話ではアナフィラキシーに正しくアドレナリンの注射を使用している施設は4割程度だとか。
 
 
 
あとの施設はどうやって救命してるんだろか??
 
 

 
備えあれば憂いなし。やはり勉強は大事ですね。
 
 
 
今回またひとつ貴重な経験をいただきました。患者さんは教科書。昔から言われていることばです。
 
 
 
さて今日も頑張りますsign01

2017年6月20日 (火)

ニキビの治療薬としては現在のところ効果No.1。エピデュオ。

最近当院で処方が増えています、「エピデュオ」。

 
 

昨年発売されたばかりのニキビ治療用のお薬です。

 

Photo

このエピデュオ、なかなか素晴らしい効果ですshine

 
 

当院では今まで「ベピオ」というニキビ治療薬を多用していました。
ちなみに咲くらクリニックは「ベピオ」を日本で最も多く処方しています(2017年4月現在)。

 
 

ベピオも大変よく効くお薬なのですが、ベピオがもう一つ効きが悪い、という患者さんもちらほらいらっしゃいます。

 
 

ベピオでもう一つ改善が見込めない、という患者さんにこのエピデュオを処方いたしますと、、、さらに改善が見込める場合が多いのですflair

 
 

当院では特に難治性のニキビに対してはロングパルスアレキサンドライトレーザー照射を勧めていますが、

Cursor__2016

(レーザー治療の1例)


エピデュオのおかげでこのレーザーの出番もだいぶ減りましたflair

 

当院での処方量もベピオの処方が少し減って、エピデュオがとても伸びていますね。

 

これから暑くなってきますとニキビがひどくなりがちです。
従来のお薬で効果がイマイチだと感じている患者さんには「エピデュオ」の処方をお勧めします。

 
 

ただこのお薬、使う上でちょっとコツが必要な部分もありますので詳しくは外来にて。


 

さて、今日も頑張りましょうsign01

2017年6月19日 (月)

アレルギー学会に参加してきました。

毎月何回いってるんでしょう?
今週も日曜日を利用して東京までアレルギー学会に出席してきました。

 

朝イチの新幹線で東京まで。
 

早起きは三文の徳とはよく言ったもので、、

Img_8080_2

東京駅でお相撲さんに遭遇。これは遠藤。

 

学会会場は有楽町・東京国際フォーラムでした。
ガラス張りの近代的な建物です。なかはまるで迷路のよう。

Img_8084

Img_8082

 

内科、小児科、耳鼻科、皮膚科、がアレルギーを主に担っている科ということで会場には全国からたくさんの先生方!どこの会場もパンパンでした。

 

Img_8086

もちろんしっかり夕方までお勉強してから帰宅。

 
 

昨日のお話はちょっとマニアックな話が多かったですが、今日からの診療に生かしたいと思います。


 

僕は今週末にやはり同じ東京国際フォーラムでレーザー脱毛セミナーの講師をやる予定です。。早くスライド作らないと。。。


さて皆様、今週も一週間頑張りましょう!

2017年6月16日 (金)

先週から急増中。毛虫皮膚炎。

先週からちらほら出てきました 毛虫による皮膚炎。

 

チャドクガという蛾の幼虫の毒毛による皮膚炎です。
毛虫の画像は、、ここでは見せませんdown
ご自身で検索をtyphoon。。

20170608_094636_2

 

典型的な症状は↑こんな感じです。

 

かなり痒いです。
ステロイド外用剤のだいぶ強いので治療しないと間に合いませんwobbly。。。

 
 

先週はちらほらでしたが、今週は爆発していますねtyphoon
昨日も10人くらい外来にやってきました。

 
 

特に小学生くらいの子供が多いです。お外で元気よく遊びますからね。

 
 

ある子いわく、小学校にもたくさんいた!そうですwobbly。 

 
 

そんな毛虫はみたことはない、という被害者の方もいらっしゃいますが、毛虫を目撃しなくても外に干した服に毛虫の毛がくっついてそれを着て発症、という方もいます。木の下を歩いていて偶然やられることも。

 
 

昨年はチャドクガが大発生しましたが、今年も相当多いようです。

 
 

ちなみに、この時期に被害が多いと、10月から11月にも被害者が増加します。

 
 

秋にもご注意くださいねsign01

 
 

 
 


 
 


 


 
 

2017年6月12日 (月)

大阪でレーザーセミナーに出席。

日曜日は大阪までレーザーセミナーに出席してきました。

 

いつもはシネロンキャンデラ社の製品に関わることが多いのですが、今日はキュテラ社さんのセミナーへ。

Img_8032

 

キュテラさんはマーケティングが大変上手でメディアへの露出が多いレーザーメーカーさんです。

 
 

これまでに業界では有名になった機械がたくさんあります。

 

 
ライムライト、ジェネシス、タイタン

 
 

もちろん興味のない人は全く知らないのですけどもsweat01

 
  

ただし、有名だから効果が高い、というわけではありません。

 
 

その逆もまた真なり、です。

 
 

現在、人体の治療に使える電磁波(光治療器やレーザー、超音波など)を利用した機器はほぼ全部出尽くしています。 

 
 

つまりこれからの時代はこれらの機械の焼き直しが登場するだけなのかもしれません。

 
 

従来の機器の効率を上げたり安全性がアップすることはあるかと思いますが、エポックメイキングな機械は当分出現しないのじゃないかと思っています。

 
 
 

今のところピコレーザー(当院にもあります)が最新鋭の技術ですかねえ。

 

 

さて、夕方に大阪を後にして神戸まで祖母のお見舞いに。今年で90歳!だそうです。食事は自分でやっと食べられるかどうかですが、僕とちゃんと会話ができましたよ。まだまだ長生きできそうですね。

 

 

帰りは新神戸から新幹線に乗りました。新幹線が到着して、ドアが開いたと思ったら真正面には阪神・金本監督がsign01ヤフオクドームの帰りだったようです(負けちゃったけど)。後ろ姿を見たら背中、お尻、太もも、全部すごい筋肉!まだ十分現役のような身体でしたhappy01。ええもん見ました。

 

 

さて、皆さん今日から一週間頑張りましょうねnote

 



 
 
 

 
 

2017年6月 9日 (金)

手足口病・急増中!

先週あたりから小さいお子さんを中心に手足口病が増加しています。
手足口病とは文字どおり、手と足と口に発疹がでる病気です。


2s2a0972

 

2s2a1394


今年の手足口病の特徴は「広範囲に皮疹が出る」ことです。

 
 

通常なら、病名にもなっている通り、手掌、足底、口腔内だけの皮疹なのですが、今年の手足口病は皮疹が手足口以外にも、膝やひじ、お尻など広範囲に及びます。

 
 

ですので、今年実際にあったケースですが、小児科で「とびひ」と診断を受けて来たケースや、「水ぼうそう」と診断をつけられたケースもありましたtyphoon

 
 

これらはいずれもお母さんたちが病名の割に経過がおかしい、と皮膚科に連れてきて誤りに気がついたケースです。

 
 

このようなことから子供の皮膚の病気はささいなことでも小児科ではなく皮膚科に相談した方が良さそうです。


 

手足口病には有効な治療手段はありません。子供の場合、脱水に気をつけながら自然治癒を待ちます。およそ10日ほどで皮疹はかさぶたになり脱落しますが、原因ウイルスは見た目の治癒後も1ヶ月ほど便中に排出されます。すなわち皮疹がなくなった後も周囲の人間は手洗い、うがいなどで予防する必要があります。

 
 

学校を休む必要はありません。手足口病で学校や幼稚園を休んでください、と言われた方は当院までご相談ください。


小さいお子さんをお持ちのご家庭はご注意くださいね。


 

 

2017年6月 8日 (木)

夏の皮膚のトラブル。ハネカクシによる皮膚炎。

夏になると時々やってくる皮膚のトラブルがあります。

 

20170522_1603361

一見ただの赤い丸に見えますが、

 

これはハネカクシという昆虫による皮膚炎です。線状皮膚炎が正式の名称です。(この写真では線状には見えませんがeyeglass

 

昆虫の名前はアオバアリガタハネカクシ、が正式な名称ですshine

 

虫に刺されたわけでなく、昆虫の体液による皮膚炎になります。

 

夜道によく出没する昆虫です(都会にはあまりないようです)ので、夜道を歩いているとよくなりますね。

ちなみにこの方も夜に自転車に乗って帰宅するそうです。

 

その時にぶつかって潰れたか、手で払って潰したかしてしまったわけですね。

 

ほとんどの場合本人に記憶がないのが特徴ですflair

 

この皮膚炎は普通7月くらいからが多いのですが、もう線状皮膚炎の患者さんが来てるということはもう夏なんですかねえsweat01

 

と言っていると、東海は昨日梅雨入りしたそうですrain

 

今年も暑くなりそうですねsun
外来は今年も7月いっぱいまで混雑の予想です。

 

どうぞよろしくお願いします。

 


 
 
 



 
 

2017年6月 5日 (月)

週末は仙台で学会参加。日本皮膚科学会総会。

土曜日は午後をお休みさせていただき、新幹線で仙台まで。日本皮膚科学会総会に参加してきました。

 

新緑がまぶしい仙台は気候もちょうどよく、気持ちの良いところでしたhappy01

 
 

Img_8009

地下鉄の国際センター駅を降りると、そこは学会会場。

 

Img_8007

 

会場前には立派な看板がhappy01

 

医師やコメディカルの参加が1.5万人、企業関係が2万人参加していると言われる総会はさすが規模が違います。

 

会場のどこのお部屋も参加の先生方でいっぱいです。

 
 

Img_8004

 

恒例の企業展示は特設テントにて。

 
 

仙台ではまた新しい情報を仕入れてきたので今日から治療に応用したいと考えています。
毎回参加するたびに思うのですが、 


 

「少年老いやすく学成り難し。」

 
 

歳をとるとしみじみ思います。みなさん若い頃の勉強は大事ですよhappy01


 

努力努力。。

 


 
 

2017年6月 3日 (土)

6月3日午後は学会出席のため休診です。

6月3日午後は院長学会出席のため休診いたします。
よろしくお願いいたします。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »