フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の11件の記事

2017年7月31日 (月)

ヒアルロン酸で若返り。ヒアルロン酸注入セミナーに参加。

夏休みに入り、当院もフル稼働でありますが、週末は東京に勉強に行ってきました。

 

ここ数年、しわ、たるみ、若返りの目的で皮下に注射するヒアルロン製剤が国内で承認となり、安全性が高い製剤での注入療法が国内でも可能となっています。

 

昔は医師が個人輸入という形で輸入したものを自己責任で使用していたのですから時代も変わりましたね。

 

そのヒアルロン製剤、国内ではまだ2社の製品しか承認を受けていませんが、その中でも最大の会社が「アラガン社」です。

 
 

しわ、たるみのことが気になる方はアラガン社のサイトへ→クリック


 

そのアラガンのセミナーに出かけてきました。

 
 

本来は大阪で「美容皮膚科学会」がありそちらに参加予定だったのですが、今回のセミナーは「ジャパンマスタークラス2017」という、限られたドクターのみが得られる特別資格が授与されるとあって、大阪を蹴って参加しました。

 

Img_8268

10名限定の少人数セミナーでした。

 
 

講師の先生によるレクチャーから始まり、実際のモデルさんを診断しながらのプランニング、さらには患者さんを前にしてロールプレイまで。 

 
 

なかなか濃いセミナーでした。 

 
 

中でも最後のロールプレイにはありがたく指名されcoldsweats01。。。。

 
 

実際の診察風景を皆さんの前で披露することになりました。
どっと汗が噴き出しましたが、、、

 
 

これが意外にもみなさんには好評でして、講師の先生から満点をいただきましたhappy01。いくつになっても褒められるのは嬉しいものです。

 
 

昨日のセミナーで得た知識を使ってさらに技術をアップさせ、今日からの診療に生かすつもりですflair

 

帰りの東京駅ではまたお相撲さんに遭遇。
前回は遠藤でしたが、今回は石川県出身「輝」(かがやき)でした。

Img_8270  

 

ヒアルロン酸注入によるしわ、たるみの治療に興味がある方はどうぞ外来を受診くださいね。

 
 

今週も頑張りますsign01

 

2017年7月27日 (木)

新しい時代の診療スタイル。遠隔診療。

遠隔診療という言葉をご存知でしょうか?

 
 

遠隔診療とは簡単に言うとテレビ電話形式での診療です。

 
 

元々は島しょや僻地の患者さんで通院困難な患者さん向けに許可されていたものでしたが、安倍政権になり一般の診療所にもOKが出されました。

 
 

忙しくて通院困難な方や遠方の方、交通が不便な方にとっては有利な診療スタイルです。

 
 

また病状が安定していていつも同じお薬を取りに来られる方などには通院の手間がなくなり、時間が有効に使えます

 
 

その遠隔診療ですが、
当院も導入することになりました。

 

Img_8259

 

 

詳細はこちら→オンライン診療アプリ CLINICS  案内ページ

 

 

現在当院は大変混雑しています。そのために患者さん一人に十分な時間をさくことができないこともしばしばあります。

 
 

少し外来の交通整理をしたいのと、例えば病状が安定している方に対して投薬だけで1時間以上もお待たせしたりすることがあったりと、当方としては大変心苦しく思う現状もありこのたび導入を決めました。 

 

 

開始時期は9月上旬を目指していますが準備が整い次第、院内およびホームページ、ブログで正式に告知したいと考えています。


誰でも遠隔診療がOKというわけではなく、外来で許可を受けた方だけになりますのでご注意くださいね。保険診療の場合、初診からは使えません。

 
 

これぞ未来の診療スタイルだと私たちは期待しています。
今後もどうぞよろしくお願いします。

2017年7月25日 (火)

ピコレーザーPicoWayを使ったタトゥ刺青治療の報告。

しばらくピコレーザーによるタトゥ刺青治療の報告をしていなかったので症例報告です。

当院ではピコレーザーを使ってすでに数百人を治療していますが、ピコレーザーを使った刺青治療の場合、どれくらいで治療が完了するのか、しそうなのか、僕もだんだんわかってきました。

 

まず色が薄い柄は取れやすいです。

 

20161118_1252322_2

 

例えばこういう柄↑。
薄いグラディエーションは取れやすい傾向にあります。

 

2回照射後↓ 

20170502_123940

たった2回でほぼ取れてしまいました。
こういう柄を持った人は治療には有利です。

しかし、
濃い色の柄は回数がかかります。
例えばトライバル柄(島国の人が入れているようなタトゥ)とか文字系の柄ですね。

 

上と同じ人の反対側の腕です、 

20161118_125925

 

こういう柄は色が大変濃く入っています。

 

2回照射後↓

20170502_1241382_2

同じ2回の照射です。
色は薄くはなっていますがまだしっかり文字が残っています。 

 

こういう濃い色の柄は5−6回どころか、10回以上照射が必要になることもザラです。

 
 

今日は当院のたくさんの症例の1つをお示ししました。
今後ピコレーザーでの治療を考えている方への参考となれば幸いです。

 

 
 
 

 
 

2017年7月24日 (月)

水いぼが再発少なく取れる方法。

「水いぼ。」

小さいお子さんをお連れの方なら一度は聞いたことがあるかと思います。体のあちこちに小さなイボがたくさんできるアレです。正式名称は伝染性軟属種。 

 

医学的には半年から2年ほどで自然治癒する、とあるのですが、放置した場合、体中に増えたり、痒くなったり、また見た目も悪く、接触でうつるとされていますのでプール時期に制限を受けたりします。

 
 

水いぼを取るか取らないかは医師の間でも論争があり、取る派の先生と取らない派の先生はいつも水かけ論をやっていますwobbly

 
 

当院のスタンスは、医学的には放置で構わないが、社会的には(他人にうつることも考えて)取らざるを得ない、としています。

 
 

水いぼの取り方は、ピンセットでつまんで摘除する、という方法が一般的ですが、痛みを伴いますのでshock最近では麻酔シールを貼ってから取る、という方法が広まっています。

麻酔を貼ってからの摘除は数が少ない方にとっては素早く治療が済みますので比較的楽な治療です。


 

ところが、

 
 

水いぼを単純に摘除するだけでは再発を繰り返す方がいらっしゃいますsad。そういう患者さんは毎回毎回、水いぼを数十個も摘除することになるのですが、それはもう苦痛でありますtyphoon。(患者さんも医療者も)

 
 

水いぼは摘除するだけが治療法ではありません。

 
 
 

摘除以外にはスピール膏というサリチル酸を含有した貼付剤を使った治療法があります。非常に手間のかかる方法ではあるのですが、

 

 
痛くない
のと、

 

再発が非常に少ない傾向にある

 
 

というのがメリットであります。
なんども言いますがお母さんの手間は大変ですdown

 
 

たまにその手間にブチ切れて「もうできません!取ってください!」
という方もいらっしゃいますねcoldsweats01

 
 

水いぼの再発に悩んでいる方は一度外来でお話を聞いてくださいねsign01

 

 

 
 

 
 

2017年7月22日 (土)

看護師さん募集。

今日は医学の話ではありません。。

 

現在当院では看護師さんを募集していますhappy01

 

最近はハローワークからの募集が少なく、主に人材紹介会社経由の方が増えていますね。

 

咲くらクリニックは一般的な保険診療(皮膚科、形成外科分野)に加え、レーザー脱毛などの美容レーザー治療を多く行なっています。

 

レーザー機器関連は15台以上を所有し、常に最新の医療を心がけています。
ちなみにレーザー治療は大人気。おかげで人手不足ですtyphoon

 

こんな医院ですが一緒に働いてくれるかたを募集しています。

 

お給料は基本給に加えて扱える技術が増えてきますと技術手当がプラスされるようになるシステムです。詳しい条件はハローワークで検索してくださるとよろしいかと思います。

 

経験者大歓迎。 
保険治療と美容治療、両方に興味がある方、皮膚科形成外科の深い知識を得たい方、


 

興味のある方は当院にお電話くださいflair。宛先は看護師「みよし」まで。

 




 

 
 

 
 

 

2017年7月21日 (金)

手足口病が激増しています。

おはようございます。

今日から本格的な夏休みですsun 。子供達はウキウキcd 。お母さんたちはドタバタcoldsweats02 。ちがいます?
 
 
ここでも一度報告していますが最近手足口病が増加しています。クリックして拡大↓
 
2s2a0973
2s2a0974
 
 
手足口病とは文字どおり、手のひら、足の裏、口の中に水疱ができる病気です。口の中は水疱が潰れてびらんとなりやすく、痛がることも多いです。
 
 
ただし今年の手足口病は手足口以外にひじや膝、臀部などにも症状が出ます。
 
 
多くのパターンは高熱(39度くらい)が出てから数日後に手足口、ひじ、膝やお尻に発疹が出てくるようです。
 
 
発熱で病院に連れていって単なる風邪と言われたり、口腔内の症状からヘルパンギーナと診断されたり。。coldsweats02
 
 
後から特徴的な症状が出てくる病気ですので誤診がつきものですtyphoon。これは仕方がないです。
 
 
皮疹も大きく出てくれればまず一発で診断ができますが、細かく皮疹が出てきますとプロの僕らでも診断に迷います。
 
 
さらにそこにあせもでも混じったりしたら、、、
 
 
相当経験を積まないと???ばかりの世界ですwobbly
 
 
小さいお子さんをお連れの方はご注意をsign01
 
 
 
 

2017年7月19日 (水)

やっと出版されました。脱毛レーザーについての本を書きました。

昨年秋に一生懸命書いていた原稿がやっと本になりましたshine

 
 

Img_8208

東京のみやた形成外科皮ふクリニックの宮田先生のご依頼を受けて書いた原稿がやっと形になりました。ホント活字になるなんて感激ですねhappy01

 

この本は14名の先生方による合作です。ノンサージカルの美容医療を網羅した本としては国内初のものになります。
ちなみに僕の書いた箇所はロングパルスアレキサンドライトレーザーの部分です。

 

ロングパルスアレキサンドライトレーザー??
これは簡単に言うと脱毛用レーザーのことですsun

 

この脱毛用レーザー・ロングパルスアレキサンドライトレーザーは日本での稼働台数が実に2300台!。日本でもっとも多く稼働している脱毛レーザーです。

 

今回出版された本では当レーザーの使用法、副作用、注意点、その応用である「レーザーフェイシャル」についてのほぼ全てを記述しました。すなわち先生方、看護師の方がロングパルスアレキサンドライトレーザーを使って脱毛を行う上でのバイブルとして読んでいただきたく書いたものです。


 

この本には当院の10年のノウハウが全て書かれています。ちなみに当院看護師Tも一部の文章を書きました。関係者の方々が脱毛レーザーを扱う上で困った時に読んでいただけますと幸いです。


 

実際の発売日は7月21日。あともう少しです。
編集者宮田先生によるとアマゾンでの予約は相当な数だとかhappy01。 

 
 

反響が楽しみですね。
残念ながらこの本は一般向けではありませんので悪しからずcoldsweats01。。

 


 


 
 


 
  

2017年7月17日 (月)

マダニに注意。

先日やってきた患者さん。

脇にホクロが急に出来た、との訴えでした。

よく見ると、、、ん?

(↓クリックで拡大) 

20170714_094925

これは虫です。マダニ。

 

マダニはしっかり皮膚に食いついていてちょっと引っ張ったところで取れません。

 

マダニは野山に生息します。この患者さんも最近山でハイキングをしたそうです。

 

そこで噛まれたのですね。

 

さて、このマダニ、ただ食いつくだけならまだしも、いろいろな病気を媒介することで有名です。

 

ライム病、日本紅斑熱、重症熱性血小板減少症候群などの病気を媒介するのです。

 

ライム病や日本紅斑熱には抗生剤が有効で治療が可能ですが、面倒なのは重症熱性血小板減少症候群です。

 

これはマダニが媒介するウイルスのせいで起きるのですが有効なお薬がなく対症療法しかありません。時々新聞に載るマダニ咬傷後に起こる死亡例はこの症状の結果なのです。

 

もっともマダニに噛まれる方は年間数万人にも及びますので死亡例はごくわずかです。そんなに心配しなくても良いものですがマダニ咬傷後の発熱には要注意です。

 

マダニは引っ張らずに局所麻酔をして皮膚ごとカットします。
うかつに引っ張ると口だけが残ってしまい上記の感染症に罹患するリスクが増えます。

 

ですからマダニに気が付いたら病院を受診しましょうね。
もちろん皮膚科にお願いします。

 

2017年7月11日 (火)

日焼け止めの表示「SPF」について

Cursor___xl_____  

↑ 咲くらクリニックオススメの日焼け止め。

ラロッシュポゼ・アンテリオスXL SPF50+ PA++++

 

 

皆さんも日焼け止めをよく買われるかと思います。

 

 

そして買うときの基準は主にSPF値を参考にされているかと思います。 

今日はそのSPF値のお話です。

紫外線の種類にはUVA、UVB、UVCがあります。

UVAはシワたるみの原因になり、UVBは日焼けやしみの原因になります。

 

SPF値はUVBに関わる数値です。

 

 

具体的にはSPFSun Protection Factor)値は、UVB透過率の逆数を表しています。

 

SPF   UVB透過率 

10   1/1010 

30   1/303.3   

50   1/502    

100   1/1001 

すなわち、

SPF30とはUVBを1/30=3.3% 通しちゃうよ、

SPF50とはUVBを1/50=      2% 通しちゃうよ、

 

という意味です。

これをみますと、SPFの30と50では約1%の差しかありません。

 

 

なんだか数値が高い方が良い製品のように見えますのでみさなんは50以上のものを欲しがります。そりゃそうだhappy01

 

日焼け止め買うならSPF30以上のもので十分です。

大事なのは高性能のものを1回塗って安心するのではなく、2−3時間ごとに塗り直すことが大事です。

 

お化粧しながら塗り直すのは大変ですよね。

で、最近はこんな便利なものも。

 

 

Cursor__uv_xl_____

スプレータイプの日焼け止め。

ラロッシュポゼの

UVイデア XL プロテクションミスト

メイクの上から塗れます。ミストを吹きかける感じですね。

詳細はこちらをクリック

 

これならメイクをやり直さなくても日焼け止めの効果が得られます。

これは便利ですよ。

当院の受付でも販売しています。よろしければお試しください。

 

 

 

 

 

 

2017年7月10日 (月)

沖縄でお仕事。

週末は沖縄で講演をしてきました。

 
土曜日の夜に沖縄着。ものすごく暑いcoldsweats02 。。
 
最高気温は名古屋の方が高かったのですが、いざ到着すると蒸して暑いのなんのcoldsweats02 。体感温度は名古屋のはるか上でしたsweat01 。 
 
 
8月に行ったことがあるのですが確かこんなに暑くなかったような。。タクシー運転手さんに聞くとどうやら沖縄は7月が最も暑いそうです。
 
 
 
夜は講演を一緒にさせていただいた、東京のみやた形成外科皮ふクリニック・宮田成章先生と地元沖縄の形成外科の重鎮、当山美容形成外科・当山護先生とのお食事会がありました。
 
Img_8142
美味しい沖縄料理に舌鼓。遠方での講演の楽しみですhappy01
 
 
翌日は玄関にシーサーのあるホテルで講演会。ここは沖縄だ、と改めて認識。
 
Img_8172  
 
 
僕はロングパルスアレキサンドライトレーザーの講演をしました。ちょうど1時間。笑いポイントをいくつか作って行ったのですがクスリとも笑ってくれず、ちょっと焦りながら講演sweat02
 
 
Img_8167
 
 
 
実はしらけているのでなくってみんな大真面目に聞いてくださっていたのですね。後からたくさん質問しに来てくださいましたhappy01
 
 
Img_8174
 
 
 
終了後は飛行機までだいぶ時間があったので空港で皆さんとお食事。
お食事中は宮田先生の人生訓をたくさん聞かせていただきとても有り難かったです。沖縄に来た意味はここにあったのかもhappy01 。 
 
 
 
スタッフのみんなにたくさんお土産を買って帰宅。重くて指がちぎれそうでしたよ。笑。
 

Img_8177

 
 
さて今日は月曜日。今週も頑張って走りますrun。  
 
 
 
 
 
 
 

2017年7月 4日 (火)

最近発売された「シワ改善」化粧品のこと

Elixir


最近テレビをつけると毎日宣伝をやっています。
資生堂さんから発売されている、エリクシール・しわ改善クリーム。

 
 

「レチノール」というビタミンA誘導体が入っています。最近各社が「レチノール」配合のシワ改善クリームをこぞって発売していますね。

 
 

当院に通われている患者さんから

 「先生、私が処方されているクリームにもレチ……と書いてない?? 」
 「名前がなんか似てない?シワにも効果があるの?」

 

うーん、スルドい!
当院でシミの治療に対して処方しているのは「レチノイン酸」です。
別名トレチノイン。

 
 

レチノイン酸はシミの元になるメラニンを体外に排出させる作用や、コラーゲンを増やす作用、皮膚内のヒアルロン酸を増やす作用などがあります。つまり、これらの効果をまとめて説明しますと、シミ、シワの改善です。

 


ところでレチノールとレチノイン酸、名前がよく似ていますが、作用がだいぶ違います。 

 
 

化粧品に配合されているレチノールはレチノイン酸の100分の1の生理活性しかありません。

 
 

つまり、化粧品レベルではシワ改善効果はそれほど得られない、ということです。だいぶ長く使ってやっとちょっと効果が見える程度。個人差大。

 

一方でレチノイン酸(当院で処方している)による治療ではシミの改善のほか、シワの改善が目に見えてはっきり起こります。

 
 

すでに処方されてお使いの皆さんはよくお分かりかと思いますが、
 

 
レチノイン酸(当院処方)を毎日1回塗るだけでシミ・シワが改善され、お肌がつややかになってきます。
 

 

化粧品とは明らかに効果が違います。でないと病院で処方する意味がありませんよね。

 

レチノインに興味のある方は外来までhappy01。価格は当院ホームページをご覧くださいね。

 
 

ちなみに資生堂さんのエリクシールと1gあたりの値段は同じですhappy01
しかも効果はupup
これは使わない手はないでしょうnotes

 

どうぞよろしくお願いします。

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »