フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« サーマクール | トップページ | 遠隔診療は広がっています。 »

2017年9月28日 (木)

選挙。〜徒然日記〜

今日国会は解散となるそうだ。

若い頃は自分の身の回りのことで必死で選挙なんて正直興味が湧かなかったし、実際忙しさを理由に行かなかった。
自分も歳をとり、中年となり、社会のど真ん中で仕事をさせてもらっていると世の中の仕組みやら決まりごとにも興味が出てきて積極的に選挙に参加するようになった。

自民党もこの時期の解散を行うことで安定多数を狙ったに違いない。小池さん率いる都民ファーストの会は選挙後ホヤホヤで体制が安定してないし、民進党も頭がすげ変わったばっかりだから、相手のドタバタに紛れて解散すれば今後しばらく安定多数だろうと踏んだに違いない。

ところがどっこい。突然新しい風が吹いてきた。風というより突風か。
小池さんのところの希望の党。彼女の話はわかりやすい。元アナウンサーのせいだろうか少ない言葉でわかりやすく話す。声も良い。みんなが変えれたらいいな、変えたいなと思っている世の中のおかしな部分を鋭く指摘する。
これはすごい。とんでもない風になるに違いない。
自民党は今頃しまった、と思っているだろう。風を全く読み違えた。

一方で民進党は一時政権を取っていた党にしてはあまりにイメージが悪くなってしまっている。みんなバラバラなイメージ。蓮舫党首も不発だった。その民進党は希望の党に合流予定だそうだが、党としてはくっつかず、民進党議員は個別に希望の党に参集せよ、だそうだ。なるほどこれはうまい。これならイメージの悪い民進党の名前は隠しながらの選挙になり、民進党議員の数はそれほど減らさずにすむかもしれない。いや、むしろ増えるかもしれない。やるなあ、前原さん。ウルトラCだ。

僕は民進党の上の方はイマイチ好きになれないのだが、地元の大西健介議員は応援している。民進党の人としてではなく個人的に好きだから。
ちなみに彼は僕の元患者である。もう10年も前になるのだが、まだ彼が耐震偽装問題を追及したことで有名な馬淵議員の秘書を辞め13区で立候補者としてやってきたばかりの頃。つまり議員さんになる前だ。

今の外来と違ってもっとゆったりしていたのだろう。午前の終わりのほうの外来で随分話し込んだことを覚えている。彼は僕と同い年だった。僕も彼も愛知出身ではないがここ地元の役に立ちたいという気持ちは同じだった。彼の力強くて前向きな話に好感が持てた。一緒にご飯食べましょうと約束してそのあとその通りになった。今ではすっかりお友達。外来では患者さんに対していつも話す一方の僕だけど彼と食事するときは違う。ずっと聞き役に回る。国会ってどんなところ?どんな仕事するの?などと質問すると10倍くらい返してくれるから。知らないから国会の話は面白い。

自民党さんは数が多いからなんでも自民だけで決めているイメージがあるが、それは重要法案でどうしても通したい法案がある時だけのイメージ。実際は自民党さんだけの意見で決まるわけではない。個々の法案に対する議論や世の中の不正を正したり追及しているのは党を超えた個々の議員さんたちの仕事である。大西議員は国会では厚労省委員会に所属しているそうだ。医療に大変関心があり、医療政策の決定に関与している。当然僕ら医者の仕事には理解があり、僕も時折相談する(グチる)。夏にとある医療法違反事例について相談していたのだが解散のおかげで吹っ飛んでしまった。泣。だから選挙後には必ず国会に復帰してもらってもう一度仕事をしてもらわないと困る。諸悪を退治してもらいたいから。よく仕事をしてくれるから所属党に関係なく是非当選してほしい。一方で他党の地元議員はビラ一枚、いや顔すら何年も見てない。バッチをつけているなら一般市民にもわかりやすく目に見える仕事もしてほしい。

何やら色々大きな変化がありそうな秋である。

みんな選挙に行こう。

Yes,we can!





 
 

 


 


 
 

« サーマクール | トップページ | 遠隔診療は広がっています。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526587/65846350

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙。〜徒然日記〜:

« サーマクール | トップページ | 遠隔診療は広がっています。 »