フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー「疥癬」の1件の記事

2015年10月 7日 (水)

ノーベル賞、10億人を救った薬。実はいつも使ってます!

今年もノーベル賞を日本人が受賞しましたsign01

ノーベル賞とは世界中の人間に役に立つ研究、業績を表彰する素晴らしい賞であります。

今回ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智先生の功績は、実は僕ら皮膚科にはとても関係が深いのです。

以下に時事通信社の記事の抜粋を。

 大村さんは73年、大手製薬会社メルク社と共同研究を開始。さまざまな微生物が作る抗生物質などの探索を進める中で、静岡県内の土壌から分離された微生物が生産するエバーメクチンを発見した。
 この物質は線虫などの神経系をまひさせる一方、哺乳類の神経系には影響しない特性があることが分かった。エバーメクチンを基に、さらに効果を強めた「イベルメクチン」は家畜の抗寄生虫薬として世界的なベストセラーとなった。
 さらに、失明につながるオンコセルカ症やリンパ系フィラリア症(象皮症)など、熱帯域にまん延する寄生虫病にも効果があることが判明した。

〜〜〜〜〜〜

実はこの「イベルメクチン」、皮膚科において重要なお薬の一つであります。

疥癬という病気の治療に使われるのですrock

460pxsarcoptes_scabei_2ヒゼンダニ画像:Wikipediaから抜粋

疥癬とは老人介護施設などでよく蔓延する病気です。疥癬虫(ヒゼンダニ)が皮膚の角質内に寄生して発症します。肌の接触でうつる病気なので男女間に多く、性感染症と言われたりしましたが、現在は老人に多く発生するイメージです。皮膚内にダニが入り込んで動き回るのでそれはもうめちゃくちゃ痒いのでありますdown

疥癬の痒みは皮膚の病気の中で最も強いかゆみと言われていて、かかった患者さんは不眠になってしまうほどweep

一昔前まで疥癬の治療はとても大変なものでありました。しかしこのイベルメクチンが疥癬の治療として使えるようになってからは本当に簡単に治るようになりましたflair

この薬は「ストロメクトール」という名前で現在マルホ株式会社から発売されていています。

たった1回内服するだけで疥癬虫ヒゼンダニは死滅し、気が狂いそうなくらい痒い疥癬の症状を取ってくれるのですhappy01

まさに特効薬sign03

しかしこんな薬が静岡県のゴルフ場の土から分離された微生物から作られたなんてビックリですね。

大村先生ありがとうございますshine。いつも助かっていますconfident