フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー「血管腫/赤あざの治療」の3件の記事

2016年9月17日 (土)

出っ張った血管腫(毛細血管拡張性肉芽腫)にはレーザーは効きにくいです。

先日来られた患者さんです。

Photo  

 

顔に赤いできものがあります。

 

広義では血管腫と言いますが、特にこれは毛細血管拡張性肉芽種、と言われるものです。

 

血管腫ならレーザー、と言いたいところですが、このように出っ張った血管腫(毛細血管拡張性肉芽種)にはレーザーは大変効きづらいです。

 

血管腫ですので効果が全くないとは言いませんが 

 

小さくなるのに照射回数がだいぶかかると予想されますので、このような小さいものにあえて点数の高いレーザーを行うのは疑問です(自費に換算すると1回約2.2万円!coldsweats02)。 

 

こちらの患者さんも近所の医者で勧められるのに任せてレーザーを照射したものの取れるどころが余計に大きくなった、と言って来院されました。 

 

毛細血管拡張性肉芽種ではレーザーはあまり効果を発揮しない

 

ので、 

 

当院では小さな麻酔を打って、

Photo_2  


 

焼灼しました。この間2分くらい。

一発で平らになります。傷は約1週間で治癒しますし、跡はほとんどわからなくなります。

 

ついでにかかったコストは、自費に換算すると2200円。
レーザーの10分の1です。

 

うーんgawk 

 

点数の高いレーザー処置を患者にあえて勧めたとすれば罪は重いですが。

 

このように、毛細血管拡張性肉芽種は簡単な処置ですぐに良くなりますので、当院ではこれにはレーザーはオススメしていません。。

 

たくさんレーザーは持ってますけどねhappy01

2015年12月 3日 (木)

単純性血管腫、イチゴ状血管腫のレーザ治療

血管腫とは血管が異常に変化して塊になった状態のことです。

血管でできているので赤く見えますsweat01


血管腫の仲間にはたくさんの種類があるのですが、

僕らが主に外来で扱うのはイチゴ状血管腫単純性血管腫です。


現在、血管腫は分類と呼び名が変わりまして、

もともとイチゴ状血管腫と言われていたものを「乳児血管腫」、

従来、単純性血管腫と言われていたものを「毛細血管奇形」と言うのですが、


ここではあえて旧称でお話しします。





乳児に発生するイチゴ状血管腫は基本的には5歳から7歳くらいで自然消退が期待できます。

しかしレーザー照射を行うと早く赤みが取れてきますので整容面を気にされる方にはレーザーは良い治療ですflair

↓乳児の額にできたイチゴ状血管腫

Img_6629


一方、単純性血管腫はレーザーである程度消退させることが可能ですが、血管の太さや分布により完全に消失させるのが困難な場合があります。難治例も5%程度ありますtyphoon


重要なことは単純性血管腫においては必ず再発があることです。
レーザーを使用して治療すると一旦よくなりますが、数年ほおっておくとまた再発してきますcoldsweats02

すなわち単純性血管腫は長いあいだお付き合いをしなければならないアザということになります。

〜〜〜〜〜〜

当院では血管腫用レーザーVbeamと 
Vbeamのさらに進化したVbeamPerfecta(全国で40台しかありません)を使用して治療を行っています。

当院での治療の一例です。(単純性血管腫)


Img_2804

↓3回照射後

Img_7411

 

2015年10月22日 (木)

イチゴ状血管腫の治療。レーザー照射は是か非か。

イチゴ状血管腫とは乳児期からできる血管腫(赤あざ)の一つです。

2s2a2749_2

Img_7569
新しい分類では「乳児血管腫」というのだけれども、イチゴ状血管腫の方がわかりやすいのでここでは旧称で呼びます。

教科書を開けて読むと、イチゴ状血管腫の治療方針はだいたいどこでも Wait&See と書いてあります。

イチゴ状血管腫は 「待てば勝手に良くなる」から何もせず待て、と書いてあるわけです。

確かに7歳くらいまで待つとほとんど消失しますね。

だけど僕らのようにレーザーをたくさんやる施設だと Wait はあまりやらなくて積極的に照射しています。

それはなぜか。

イチゴ状血管腫にレーザーを早期から照射すると早く赤みや盛り上がりが消えていきます。


しかし、
ある論文には 待とうが照射しようが治療結果は同じ、と書いてある。

どこかの皮膚科教授に至っては「どうせほっといても治るのだからレーザーなんて医療費のムダ使いだ」なんていう発言まで飛び出す始末。。。発言どころか本になってますがなshock 。。

統計取ったら最終結果はそうかもしれないけどね。

------------------

しかし、母親の立場になってみたらよい。

子供の顔にこんな真っ赤なアザが出てきたら何を思うか。

私がちゃんと産んであげれなくてごめんね。。。
これが母親の心理でありますtyphoon

アザはこの子自身のコンプレックスになるのだけれども、同時にお母さんのコンプレックスでもあるのです。

待ってればそりゃあいつかはアザの色は消えてきます。だけどそれまで何年もお母さんはこの赤みを見せつけられるのですよ。お顔を見るたび懺悔の日々weep 。。

早くレーザーを照射して早く赤みを消して、お母さんの心の棘を取ってあげるのです。

これは医療費のムダ使いですか?

らはアザを消しているだけではなく、お母さんの心の傷も消しているのです。


ゆえに当院ではイチゴ状血管腫に対して積極的にレーザーを照射を行っていますhappy01