フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー「イボ/魚の目」の4件の記事

2016年11月 8日 (火)

首のいぼ(アクロコルドン)はどうやって取る?

最近首のいぼの相談が多いですね。

こういうの。

軟性繊維腫と申します。別名アクロコルドン。

 

原因は年齢で出てくるものです。つまりが老化sweat01
お薬では治りませんtyphoon。 


 

ヨクイニンという漢方薬をもらってくる人がいますが、

 

一切効きませんので

 

そこのセンセイ、効果ないのに患者にクスリ出したらあかんてgawk
結局効かないから皆こっちに来てしまうやないのsad

 
 

老化にはクスリは効きませんわね。もし効くなら僕も飲みたいくらい。

 

ちなみにインターネットでは首のいぼに塗る薬も売ってます。
ただし万が一効いたらだいぶ奇跡。

 
 

では治療はどうするか?

 

単純に焼きます。  

 

液体窒素で焼く方法もありますが、痕跡が残りやすくあまり勧めていません。

 

当院では主に炭酸ガスレーザーを使います。 照射時にピチッとした痛みがある程度です。通常無麻酔でできますが、痛みに弱い人には麻酔クリームを使うことも。

少々痛々しいですが、これは術直後↓

2

 
 

それで2週間ほどかさぶたになりまして、

 

3

 

どうです?綺麗になったでしょ。

 

レーザーで焼くと2週間くらいかさぶたになりますのでタートルネックが着れる時期の処置をお勧めしています。

 

だからこれからの季節が良いですね。

 

炭酸ガスレーザーでの処置は「自費」での処置になりますのでご注意ください。処置費用は範囲と個数によります。

 

詳細は外来にてご相談くださいね。

 

2016年9月23日 (金)

TUMI(トゥミ)人形とイボの治療。

Img_6128

 

TUMI(トゥミ)人形。

 

ペルーの幸運のお守りだそうです。昔儀式で使用していたナイフがモチーフになっているとか。悪いことを払い、幸運を呼び込んでくれるそうです。

 

うちにお越しになっている外国人の患者さんからいただきました。

 

その息子さんは何年もイボで他院で処置していたそうですが、なかなか治らず、当院に通い出したところ、すぐに治った、とのこと。

 

先生への感謝の気持ちで、ということでいただきました。

 

とても嬉しいですねhappy01

 

さて、

 

ウイルス性イボの処置は液体窒素というものを押し当てて凍らせて水ぶくれにしてはがす、というのが一般的です。

 

しかし、結構痛い処置ですし、また足底のような皮膚の厚いところだとなかなか取れません。

 

でも不思議なことにイボの処置は処置方法を変えたり、医者を変えたりするとなぜだか取れるんですよね。

 

ですから当院では液体窒素法以外にもたくさんの処置方法を用意しています。同じ処置はおよそ3ヶ月まで、最長でも6ヶ月までとしています。


液体窒素のほか、グルタールアルデヒド外用、、トリクロロ酢酸外用、モノクロロ酢酸外用、ビタミンD軟膏外用、スピール膏貼付、Vbeamレーザー、ヨクイニン内服、などなど

 

1つの処置でダメなら次々とローテーションして処置を行っていくのですね。あるいは2種類以上の処置の組み合わせも有効です。

 

これがイボ治療成功の鍵だと思っています。 

 

どうしようもないイボは外科処置(切除)もありでしょうね。麻酔はちょっと痛いですけども。

 

ちなみにこのような人形に「取れろ、取れろ」と祈り続けるとイボが取れることがあるそうです。イボ取り地蔵と言うものが日本各地に存在しますが、その信仰と同じ原理ですねflair

 

さらには医者が患者の頭を「イボ取れろ!」と言いながらさすり続けるとイボが取れちゃったよ、という偉い先生がお書きになった医学書を読んだことがあります。 

 

「へえー」ですね。

 

ちなみに当院ではまだオカルト的治療はやっておりませんcoldsweats01。。そこまで院長のカリスマはございませんので。。。

 

 

 


2016年2月16日 (火)

「尋常性疣贅・いぼ」の治療は焼くばっかりが治療じゃない。

「先生、毎日ブログ見てますよ!」

外来でありがたいお言葉。ブログを書く励みになります。ありがとうございますhappy01

 

〜〜〜〜〜〜〜〜 

さて、今日は尋常性疣贅(いぼ)の話題ですflair


 
 

尋常性疣贅を治療するには、通常、液体窒素というものを使って、イボを凍らせて炎症を起こし、水疱化させ、剥いで除去する、というのが一般的です。 

 
 

しかし、この処置、痛いんですねdown。 

 
 

小さいイボや皮膚の薄いところに存在するイボは液体窒素がよく効くのですが、

 
 

指や足底のイボなんかはナカナカ取れません(子供以外)。ついでに数が多いとかなり絶望的な気分になりますwobbly。 

 
 

そこで痛くない治療もやってみようというわけですnote

 
 

角質をはがす作用のある軟膏と貼り薬の組み合わせで取る方法snail

免疫療法と言いますが、週1回お薬を自分で塗る方法chick

ヨクイニン内服➕角質をはがす作用のある軟膏を塗る方法penguin

 
 

焼いてダメならこのような痛くない方法も意外とうまくいくことがあります。 

イボの専門書を読むと、統計的にはどの治療も治癒率30%だそうです。
 
 

 
他で焼いてもなかなか取れないイボの方、根気は要りますが、咲くらクリニックでは痛くない治療もたくさん用意していますよsign01

2015年11月21日 (土)

魚の目 と 鶏の目

足の裏によくできる ウオノメ。

Yjimage_2

漢字にすると魚の目。

世間一般では魚の目なのですが、

お医者さんの世界では鶏眼(けいがん)って言うんですsweat01

魚の目と鶏の目。面白いですね。


どうもドイツ語では「鶏の目」というらしいのです。

昔、日本ではドイツ医学が主流だったので医者の世界では「鶏眼」という名前が定着したと推測されます。

鶏眼とは物理的に力がかかる部分に角質の芯が生じて、それを踏みつけることでさらに芯が大きくなり、痛む、というものです。

刃物で削って角質の芯を取ってあげると痛みが取れます。

しかしまた長時間歩いたりしていますと発生してきます。なかなかの頑固者ですよtyphoon


〜〜〜〜〜


鶏眼とよく間違えるのがウイルス性のイボ=尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)です。

見た目は鶏眼とほとんど変わりませんが、少し削ってみると明らかです。

ウイルス性のイボは血管があり、削ると血管が透けて見えてきます。あるいは出血してきます。

ウイルス性のイボの治療は削るだけでは治りません。
液体窒素による処置が基本となります。

〜〜〜〜〜〜〜

プロ皮膚科が教える皮膚の見方。


子供の足の裏にできるのは「基本的に鶏眼ではありません」!flair

なぜかというと、子供は体重が軽い上に、生まれてからそれほど年数が経過してないので物理的な刺激を受ける機会が少ないからであります。

もっとも特殊なスポーツをやっている人や、体重のかけ方が偏っているような足だと子供でも生じることがありますが、明らかな鶏眼は子供ではほとんど見かけません。

すなわち

子供の足の裏の出来物を見かけたらまずウイルス性のイボと考えて間違いありませんsun




ウイルス性イボは自分ではなかなか取れませんので、

気づいたら大きくなる前に早めの処置をお勧めしますhappy01